Resource Center

Partnerize Google Tag Manager テンプレートを用いた実装手順について

__________________________________________________________________________________________________________________

本項の目的:

  • PartnerizeのGTM(テンプレート)を用いたトラッキング実装方法についてご案内いたします。__________________________________________________________________________________________________________________

目次

概要

Partnerizeではタグの実装にGoogle Tag Manager(GTM)用のテンプレートを用意しています。GTMをWebサイトに導入している広告主様は、Partnerizeテンプレートに組み込まれたタグを使用してPartnerizeのトラッキングをGTMに簡単に統合することが可能です。 

このテンプレートは、Partnerize Click Reference (clickref) を介して1stパーティストレージを使用するトラッキングを使用します。これにより、広告主様は3rdパーティクッキーに依存せずにトラッキングを行うことができます。

PartnerizeのGTMテンプレートはコンバージョンに設定するデータをGTMのデータレイヤーから自動で読み取り、設定する様になっています。そのため、複雑な実装をすることなくコンバージョンタグの設定を行うことができます。

__________________________________________________________________________________________________________________

実装手順

PartnerizeのGTMを行う場合、下記の2種類のテンプレートを使用する必要があります :

  1. Capture Partnerize Click Reference テンプレート - PartnerizeのクリックID(clickref)をランディングページ(LP)で1stパーティーストレージに格納するためのテンプレート。
  2. Partnerize eCommerce Tag テンプレート - GTMのデータレイヤーを使用し、Partnerizeへ送信するコンバージョンデータを簡易に取得し送信するためのテンプレート。

__________________________________________________________________________________________________________________

1. Capture Partnerize Click Reference テンプレート

このテンプレートではPartnerizeのクリックID(clickref)をランディングページ(LP)で1stパーティのストレージに格納します。

❗注: clickrefを格納するタグのトリガーはLPとなる可能性のある全てのページに対して設定してください。

 

1.1 インポート

  • GTMの“テンプレート”を選択します。
  • タグテンプレートの“検索ギャラリー”をクリックします。
  • 右上の検索ボタンから 「Partnerize」を検索すると、Partnerizeの全てのテンプレートが表示されます。
  • 「Capture Partnerize Click Reference」をクリックし, 内容を確認後 “ワークスペースに追加”をクリックします。
  • 下記の画像のように、確認画面が表示されます。

1.2 権限確認画面

Screen_Shot_2021-09-14_at_17.02.56.png

下記が必要な権限の内容となります :

  • 下記が必要な権限の内容となります :

    • コンソールへのログ - プレビューモード使用時にデバッグメッセージを開発者コンソールに出力を行い、ログに出力するための権限となります。
      • 送信するURLが出力され、パラメータとデータ値の確認を行うことができます。
    • URLの読み取り - ランディングページのURLに付与されたclickrefパラメータの取得を行うための権限となります。
    • ローカルストレージへのアクセス - clickrefをローカルストレージに格納するための権限となります。

     

「追加」をクリックするとワークスペースにテンプレートが追加されます。

 

1.3 Clickrefタグの設定

タグとトリガーの設定を行います。

  • タグをクリックし、右上の新規ボタンをクリックします。

Screen_Shot_2021-09-14_at_17.19.29.png

  • タグの新規作成画面が表示されます。「タグの設定」をクリックします。
  • タグタイプの選択画面が右に表示されます。右上の検索ボタンから「Capture Partnerize Click Reference」を検索し、クリックします。
  • トリガーをクリックし、「All Pages」を選択します :

Screen_Shot_2021-09-14_at_17.24.14.png

  • タグの名前を設定し、保存をクリックします。
  • 公開ボタンをクリックし本番環境に設定します。 

Screen_Shot_2022-01-31_at_17.41.32.png

__________________________________________________________________________________________________________________

2. Partnerize eCommerce タグテンプレート

Partnerize は、GTMのデータレイヤー 構造に応じて、さまざまなコンバージョンタグ用のテンプレートを提供しています。(データレイヤーはGoogleが推奨している構造に従う必要があります)

  • Partnerize GA4 eCommerce Tag :  GA4のデータレイヤーフォーマットをご使用の場合 参照
  • Partnerize Enhanced eCommerce Tag : 拡張eコマースデータレイヤーフォーマットをご使用の場合 参照
  • Partnerize Standard eCommerce Tag : 標準eコマースをご使用の場合
  • Partnerize Custom Tracking Tag : データレイヤーを使用していない場合

すべてのテンプレートの目的は、広告主様のウェブサイトからPartnerizeにトランザクションデータを送信することです。このテンプレートは、GTM内のeCommerceデータレイヤーからすべてのトランザクションデータを自動的に読み取り、Partnerizeトラッキングピクセルに入力します。このテンプレートは 「Capture Partnerize Click Reference」 テンプレートと連携して動作し、現在のブラウザのローカルストレージ/ファーストパーティクッキーに保存されている clickref を取得するため、サードパーティのクッキー依存のリスクを軽減します。 このタグは、ブランドが取引データを Partnerize に送信したい申込/購入完了ページに配置する必要があります。

 

2.1 テンプレートのインポート

  • GTMの「テンプレート」を選択します。
  • タグテンプレートの“検索ギャラリー”をクリックします。
  • 右上の検索ボタンから 「Partnerize」を検索すると、Partnerizeの全てのテンプレートが表示されます。
  • ご使用中のGTMのデータレイヤーを対象とするテンプレートを選択し、「ワークスペースに追加をクリックすます。
  • 権限確認画面が表示されます。

:

  • 広告主様のデータレイヤーが Google の推奨構造と一致しない場合、Partnerize の GTM テンプレートは手動でコード変更を行う必要があります。
  • このタグは Googleタグマネージャー の データレイヤーの使用に基づいているため、この データレイヤーに値が設定されるまでタグを発生させるべきではありません。データレイヤーの値設定のタイミングにご注意ください。

 

2.2 権限確認画面

下記がeCommerceタグテンプレートに必要な権限の内容となります : 

  • コンソールへのログ - ブラウザの開発者コンソールとタグマネージャーのプレビューモードにログを記録するための権限となります。
  • ピクセルの送信 - Partnerizeにコンバージョン情報を送信するための権限となります。
  • データレイヤーの読み取り - Partnerizeへ送るコンバージョンデータに設定する貴社データの読み込みを、データレイヤーから行うための権限となります。
  • ローカルストレージへのアクセス - clickrefを保存したローカルストレージへのアクセスを行う権限となります。

「追加」をクリックするとワークスペースにテンプレートが追加されます。

 

2.3 eCommerceタグの設定

テンプレートを使用するには、タグの実装とトリガーの設定が必要となります。

  • GTMの画面の"タグ"をクリックし、新規ボタンをクリックします。
  • タグの新規追加画面が表示され、"タグの設定"をクリックします。
  • 右上の検索ボタンから 「Partnerize Enhanced eCommerce Tag」を検索し、クリックします。
  • タグがタグの設定に表示されます。

Screen_Shot_2022-01-31_at_16.55.11.png

  • キャンペーンIDを設定してください - 不明な場合はPartnerizeインテグレーションチームにお問い合わせください。
  • クーポンコードを使用する場合は"Include Voucher Code" をチェックしてください。
  • コンバージョンレベルのメタパラメータを使用する場合は「行を追加」ボタンをクリックして下さい。パラメータと値の表が表示されます。
    • ここで設定するパラメータと値はデータレイヤーで扱うパラメータとは別となります。(例. Google Analyticsに格納されたデータ、ハードコーディングして格納しているデータ)
  • その他のパラメータはデータレイヤーから自動で呼び込まれPartnerizeのコンバージョンタグに設定されます。
  • 例として、下の画像(テンプレートエディター)の赤枠で囲われた部分では「ecom.purchase.actionField.id」という変数をデータレイヤーから読み込み、Partnerizeの「conversionref」パラメータに設定しています。

Screen_Shot_2021-09-19_at_13.50.02.png

  • 広告主様は必要に応じて上記のテンプレートエディタ内のコードを編集することが可能です。テンプレートから「Partnerize Enhanced eCommerce Tag」を選択しコードタブから参照します。:
    • 購入/申込番号をデータレイヤーの「ecom.purchase.actionField.id」を使用していない場合、取得先のデータレイヤーのパラメータを変更してください。
    • データレイヤー内の全てのパラメーター値をPartneizeに送る必要がない場合、必要のないパラメータの除外処理を追加して下さい。
    • データレイヤーで使用しているパラメータとPartnerizeで使用する際のパラメータ名を変更する場合はパラメータ名の変更処理を追加して下さい。
    • もし広告主様がGTMの「Enhanced eCommerce」データレイヤーを使用していない場合でも、テンプレートエディタ内のパラメータ取得処理を変更することで使用可能です。
    • GTMのデータレイヤーでなく、GTMのその他の変数をパラメータとして使用してる場合は、上記の「行の追加」ボタンから設定して下さい。

 

2.4 国コードの設定

Partnerizeはさまざまな国の広告主様のため成果データに国情報「country」の設定を可能にしています。国コードは国別のマーケット状況を把握することに大きく役立ちます。GTMデータレイヤーの「ecom.countryCode」を使用していない場合は、下記手順で追加して下さい。

 

「Partnerize Enhanced eCommerce Tag」のタグの設定画面を表示します。

  • 「行の追加」を開き、 「Parameter Name」 に「country」を設定します。(国コードのパラメータ名はcountryで固定となります) 
  • 「Parameter Value」に国コードを設定します。
  • 「保存」ボタンをクリックします。

❗注: 国コードに設定する値は ISO 3166 に準拠した2文字のコードである必要があります。 (eg. JP, GB, US)

Screen_Shot_2022-01-31_at_17.16.22.png

 

2.5 トリガーの設定

  • 広告主様はPartnerizeにコンバージョンタグを送信するトリガーを設定する必要があります。
  • トリガーは基本的に購入/申込が完了する時点を設定します。広告主様のウェブサイトの仕様により変わる可能性があるため、完了ページを指定できない場合は貴社担当エンジニアへ設定方法をご確認ください。
  • トリガーとなるイベントを設定し「保存」ボタンをクリックします。

Screen_Shot_2022-01-20_at_12.37.08.png

 

: もしPartnerizeのタグテンプレートを使用せず、カスタムイメージタグを使用しての実装を行われている場合、キャッシュ無効化機能を有効にしないよう注意してください。

  • タグの設定を表示
  • タグの種類でカスタム画像を選択
  • 「キャッシュ無効化を有効にする」のチェックをオフに変更

 

2.6 通貨の確認

コンバージョンに設定される通貨 (currency) がどのように設定されているか確認することは非常に重要です。

  • 単一通貨のみ (i.e. all sales will track in JPY)
  • 複数通貨 (i.e. sales could track in JPY, USD and EUR)

実装時、またはテスト時に確認を行い、Partnerizeのインテグレーションチームと相談してください。

 

2.7 特定のコードを利用したクリックレストラッキングについて

クーポン等のコードを使用したクリックレストラッキングを実現する場合、すべての購入に対してコンバージョン送信を行い、voucher パラメータにコードを設定する必要があります。

コードを利用したクリックレストラッキングについては以下の記事を参照してください。

 https://help.phgsupport.com/hc/en-us/articles/4405844671377

通常clickrefによって流入元パートナーの判定を行いますが、特定コードを利用した形即の場合、clickrefの値は空でもコンバージョンとして形即が行われます。

パートナーの特定にvoucherパラメータを使用する必要がありますので、データレイヤーにクーポンとして設定し、タグの「voucherパラメータを使用する」にチェックを入れてください。

 

: すべての購入時のコンバージョン送信を行なったとしても、Partnerizeでコンバージョンとして登録が行われるものは、clickrefまたは特定コードにより流入元パートナーの判定が行われた場合のみとなります。

__________________________________________________________________________________________________________________

テスト

タグの設定完了後、広告主様のの本番環境のウェブサイトからにてテストを実施してください。

テスト手順は下記にてご案内しております。 :

https://help.phgsupport.com/hc/ja/articles/360019824018-Testing-Tracking-Solutions-FAQs

テストを1度しか行えない場合はノーセッションテストをご実施ください。

__________________________________________________________________________________________________________________

その他

  • キャンペーンIDが不明な場合はPartnerizeインテグレーションチーム integration.support@partnerize.com にご連絡下さい。
  • 計測漏れを防ぐため、必ず上記手順に従ってGTMテンプレートを導入とテストを実施してください。完了後Partnerizeまでご連絡ください。
  • 計測漏れを防ぐため、テスト環境だけでなく、必ず本番環境でのテストもご実施ください。

ご質問

実装に関するその他技術的なご質問に関しましては、 integrations.support@partnerize.com までお問い合わせ下さい。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください